貧血.com

大切な食事 食事療法

貧血と診断されたら、鉄剤の服用と食事療法が、治療の柱になります。しかし、レバー、肉類、魚の血合い部分は苦手という人もいます。確かに、これらは、ヘム鉄を多く含んでおり、貧血には効果的な食べ物です。しかし、食事療法の足がかりとして始めるのにあたって、初めから苦手な食べ物に挑戦するのでは、治療も苦しくなります。まずは、鉄を多く含む食品は何かを調べ、管理栄養士や主治医に相談をし、食べられるものから食べ始めるのが効果的です。

食品には、鉄の吸収率の良いヘム鉄と、そうでない非ヘム鉄があります。ヘム鉄は、動物性食品に多く含まれています。肉、魚、内臓などが挙げられます。非ヘム鉄は、卵、貝類、豆類、緑黄色野菜、海藻類に多く含まれています。鉄の吸収率は、ヘム鉄では、15%〜25%で、非ヘム鉄は、2%〜5%です。ビタミンCは、非ヘム鉄の吸収を助けてくれます。一緒に摂取すると良いでしょう。

また、タンパク質は、赤血球やヘモグロビンの材料になります。タンパク質も、欠かせない栄養素となってきます。ビタミンB2、B6、B12、葉酸、銅も造血や鉄の吸収に必要な栄養素です。いろいろな食品をバランスよく食べることが、貧血の食事療法では必要になってきます。また、お茶に含まれるタンニンは、鉄の吸収を妨げてしまいます。食後には、お茶ではなく、ほうじ茶や麦茶を飲むのが望ましいでしょう。

貧血の食事療法というと、鉄を多く含む食品を積極的に摂っていれば良いというイメージがある人もいると思います。しかし、赤血球やヘモグロビンの材料となるのは、タンパク質で、鉄の吸収を助けるのには、いろんな栄養素が必要ということから、きちんとした食生活を心掛けることが、一番大切になってくるということが分かります。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 貧血.com All Rights Reserved.