貧血.com

日常生活の貧血 スポーツによる貧血

スポーツをすると、汗をかくことにより、鉄が奪われます。それに加え、使用する酸素量が増え、筋肉を使用することで、鉄の需要は増えます。鉄の需要が増えるのに、鉄が奪われてしまうため、スポーツをしている最中に、貧血になる場合があるのです。スポーツをしている人は、十分な食事を摂っていても、必要とする鉄が普通の人より多いため、ヘモグロビンの値が低くなっている場合があります。そのため、貧血症状を起こすことがあるのです。

スポーツをしている人は、鉄を普通の人より倍摂取する必要があると言われています。鉄を摂取するためには、ビタミンCが必要になってきます。鉄だけでなく、ビタミンCの摂取も普通の人より多く摂取する必要が出てきます。貧血になると、パフォーマンスにも影響してきます。より楽しくスポーツをするためには、貧血にならないように、日頃からの食生活が重要になってきます。

スポーツによる貧血を防ぐためには、日頃の鉄欠乏、長時間の運動時の溶血を意識することが大切です。スポーツ時に貧血を感じた場合は、思春期には、鉄剤の服用によって改善がみられます。溶血を防ぐためには、足への衝撃を和らげることがポイントです。最近は、スポーツをするときに使用するシューズも、足への負担を軽減するシューズが増えてきていますので、それらのシューズを使用してスポーツをするのも、貧血を防ぐ方法の一つとなります。

また、早朝は、足底の毛細血管が拡張傾向にあると言われています。そのため、早朝には、足に負担のかかるスポーツは避けた方が良いとも言われています。しかし、早朝ジョギングなどを行っている人は、多くいると思います。そのような人は、足への負担を軽減するよう意識するようにしましょう。楽しくスポーツを行うためには、日頃の食生活に加え、身体の負担の軽減などを考え、貧血にならないよう気をつけましょう。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 貧血.com All Rights Reserved.