貧血.com

貧血の種類 巨赤芽球性貧血

巨赤芽球性貧血は、昔は、神経障害を伴い死亡するケースがあったことから、悪性貧血と呼ばれていました。しかし、現在では、巨赤芽球性貧血は、ビタミンB12と葉酸の摂取不良、吸収不良などが原因とされており、ビタミンB12を注射や点滴で投与する、葉酸の欠乏を防ぐ治療をする、薬を服用するなどの治療により、予後が良好なケースがほとんどです。

巨赤芽球性貧血とは、ビタミンB12、あるいは葉酸の欠乏のため、細胞分裂がうまくいかず、骨髄中の赤芽球が大きくなり、血液中に流れる赤血球も大きくなってしまいます。骨髄での造血機能が低下しているわけではないのですが、赤血球になる前に壊れてしまいます。白血球や血小板にも同じ変化がみられるため、すべての血球が少なくなってしまう貧血です。

ビタミンB12は、胃の切除や小腸の切除などにより、吸収が不足、または阻害される、そして、葉酸は、妊娠、溶血性貧血、炎症、白血病、悪性腫瘍などによって、欠乏してしまいます。これらが、巨赤芽球性貧血を起こす原因となります。徐々に進行していくケースが多いため、身体が貧血状態に慣れてしまい、初期には自覚症状を感じない場合もありますが、症状としては、動悸、息切れ、疲労感、倦怠感、頭痛、顔面蒼白などの一般的な貧血症状に加えて、舌乳頭委縮(下の表面がつるつるになる)、ハンター舌炎、味覚低下、食欲不振、悪心、若年層には白髪が出る、などの症状がみられます。

巨赤芽球性貧血は、血液検査では、大球性高色素性貧血、白血球および血小板の減少を示します。生化学検査では、関節ビリルビン、LDHの高値、ハブトグロビンの低下がみられます。骨髄検査では赤芽球系細胞が過形成を示し、巨赤芽球が高い割合で認められます。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 貧血.com All Rights Reserved.