貧血.com

貧血の基礎知識 貧血の原因

貧血の主な原因は、生活習慣からきているものとされています。主に、食生活が原因だと言われています。しかし、溶血性貧血においては、日本でも遺伝性が認められています。適切な治療を行えば、改善される貧血なので、医師の指示を仰ぎましょう。

ほとんどの貧血は、鉄欠乏性貧血です。原因として挙げられるのは、偏食や過度のダイエットによるもの、成長過程によるもの、妊娠や授乳によるもの、胃切除や胃酸分泌低下により鉄の吸収低下によるもの、月経過多、潰瘍、痔などによる失血によって鉄の排泄増加によるものなどがあります。

鉄欠乏性貧血は、遺伝することはなく、後天性によるものです。生活習慣の見直しなどで改善される場合がほとんどです。女性は、成長過程において初潮が起きる、月経の量が多いなど、男性より貧血になりやすい原因がたくさんあります。また、妊娠、授乳により、貧血になるケースも多く、注意が必要とされています。

鉄は、様々な理由で減少してしまいます。病気が原因で起こる場合は、医師と相談し、その後の治療方針を決めていく必要があります。現代社会は、ストレスが多く存在することから、胃潰瘍になる人も増えています。胃を切除した場合、鉄の吸収が低下してしまいます。鉄分の吸収低下は、貧血の大きな原因になります。

また、がん治療で抗ガン剤を使用した場合も、貧血になりやすくなります。このような日常生活が原因でない場合は、医師とよく相談し、病気と貧血を治療していく必要があります。医師の指示、アドバイスが重要となってくるので、真剣に治療に取り組みましょう。貧血と診断された場合は、原因をきちんと突き止め、それを改善する必要があります。原因が分かれば、貧血の治療もスムーズに運びます。たかが貧血と思わずに、貧血と診断された場合は、真剣に治療に取り組みましょう。

[リンク]30代の海運会社の転職情報


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 貧血.com All Rights Reserved.